/

ナイジェリア、拉致女性ら60人超が自力で脱出

【ナイロビ=共同】フランス公共ラジオは7日、ナイジェリア北東部ボルノ州の村から6月にイスラム過激派ボコ・ハラムとみられる武装集団に拉致された女性や少女ら60人以上が自力で脱出したと報じた。武装集団が戦闘のために出かけた隙に逃げ出したという。

ボコ・ハラムは4月に同州で女子生徒200人以上を拉致し、国際社会の非難が高まった。米国や英国が専門家チームを派遣して捜索・救出活動を支援しているが、解決には至っていない。

ボコ・ハラムは国内各地で女性や少女の拉致や、爆破テロ、襲撃を繰り返している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン