2018年8月19日(日)

火星探査、生命存在の手掛かり発見なるか

2012/8/6付
保存
共有
印刷
その他

 【パサデナ(米カリフォルニア州)=共同】火星着陸に成功したキュリオシティは、土壌や岩石から生命の材料となるアミノ酸などの有機物を探し、生命が存在した可能性を示す直接的な手掛かりを得るのが目的だ。火星は生命の存在に適した環境だったのか、発見への期待が高まっている。

NASAの無人探査車「キュリオシティ」が火星への着陸に成功した

NASAの無人探査車「キュリオシティ」が火星への着陸に成功した

 太陽系の中で、地球に最も似ている火星には、これまでの探査機などによる研究で、生命に不可欠とされる水が氷として大量に存在していることが分かっている。

 現在の火星表面の平均気温は氷点下50度程度。強い紫外線も降り注ぎ、生命の存在には適さない環境とされる。だが数十億年前には、今よりも温暖で表面に水が流れ、川や湖があった可能性がある。

 キュリオシティの着陸場所のゲイルクレーター周辺には、水に運ばれた堆積物が重なって出来たとみられる地層があり、米航空宇宙局(NASA)は「グランドキャニオンのように、火星の数十億年の環境を保存している可能性がある」と期待する。

 キュリオシティは「火星科学研究所」とも呼ばれる大型探査車で、ロボットアームや高解像度カメラのほか、物質の成分を分析できる機器を積んでいるのが特徴。レーザーで岩石の表面を蒸発させ、気体となった成分を調べる機器もある。

 アミノ酸などの複雑な構造を持つ有機物が見つかれば「生命の起源」といえる可能性もある。NASAは、このほか窒素やリン、水の中にある鉱物などのチェックも重要視している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報