羽生が首位 フィギュア団体SP

2014/2/7付
保存
共有
印刷
その他

フィギュア団体の男子ショートプログラムで羽生結弦が首位に(6日、ソチ)=写真 柏原敬樹

フィギュア団体の男子ショートプログラムで羽生結弦が首位に(6日、ソチ)=写真 柏原敬樹

今大会で採用された団体で男子ショートプログラム(SP)が行われ、最終滑走の日本は昨年12月にグランプリ・ファイナルを初制覇した羽生結弦(ANA)が4回転ジャンプを着氷し、自身の世界最高点に迫る97.98点でトップに立った。

2位はロシアで、エフゲニー・プルシェンコが自己最高の91.39点をマーク。3位はカナダで、世界選手権3連覇中のパトリック・チャンが89.71点を出した。

ペアのSPには高橋成美、木原龍一組(木下ク)が出場。8日の女子SPで浅田真央(中京大)、9日のフリーでは男子が町田樹(関大)、女子は鈴木明子(邦和スポーツランド)が起用される見通し。

10チームによる団体は男子、女子とペア、アイスダンスの4種目の順位点合計で争われ、SPとアイスダンスのショートダンス(SD)を終えて上位5チームがフリーに進む。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]