/

毎日1万株の野菜生産する植物工場、売上高は年3億円

日経エレクトロニクス

植物工場システムの開発を手掛ける「みらい」と三井不動産は、2014年6月2日、1日当たり1万株の野菜を生産・出荷できる植物工場を稼働させた。6月5日、報道関係者に内部を公開した。

植物成長に最適化したLED照明と蛍光灯を組み合わせた人工照明や、閉鎖式の培養液循環システムを使う。天候にかかわらず安定した収穫を期待でき、みらいは補助金などに頼らず事業として成り立たせることができるとする。

植物工場内部
10段の栽培ベッドを設置している植物工場内部。これから栽培するエリア

三井不動産が所有する建物が(千葉県柏市、敷地面積2986平方メートル、延べ床面積1260平方メートル)をみらいが賃借し、同社が植物工場システムを設置した。工場内でパッキングも手掛け、ここは両社などが共同出資する「みらいトレーディング」が担う。

生産した野菜

みらいは、レタスなどの葉物野菜を10数種類育成しており、現在の生産量は1日当たり5000株程度である。2014年8月までに日産1万株を目指し、この時の年間売上高は約3億円となる見込みだ。小売価格が200円程度になる1株をパッケージング化して、小売店には100円未満で卸すとみられる。三井不動産は、三井ホームが建築した木造建物と土地に約6億円を投資した。

建物には、柱のない約150坪の空間を持つ栽培室を2つ備え、栽培室の天井高は6メートル。10段の栽培ベッドを配置している。面積当たりの生産性は、露地栽培に対して100倍以上という。高い断熱性と気密性を確保することで空調の制御性を高めるとともに、ランニングコストを抑えている。

果物や根菜の可能性も

半導体工場のクリーンルームと同様に、工場内の作業者の清浄性に配慮(埃よりも虫や菌を阻止)している。みらいは、植物工場を「GREEN ROOM」と呼び、作業者は入室前に温水シャワーを浴びて殺菌した作業着を身に付ける。外部からの病害虫の浸入を防いで無農薬化を実現している。

記者発表会の様子。千葉大学名誉教授の古在豊樹氏も駆け付けた

今回、照明にLEDと蛍光灯を組み合わせたのは、LEDの導入コストがまだ高いためだ。波長制御性が高いが高コストのLEDと、低コストの蛍光灯を組み合わせることで、コストパフォーマンスを高めるようにした。LEDは、一般的な照明用ではなく、植物育成用に最適化しているために、コストが蛍光灯に比べて相当に高いままという。

葉物野菜を中心に生産しているのは、根菜や果物がより多くの光を必要とするためである。その分、コストがかかり、採算が合わない。今後、LEDの導入コストが下がり、また太陽光の活用などでランニングコストを抑えられれば、葉物以外でも事業として成り立つ可能性があるという。

パッケージング工程も備える

(日経エレクトロニクス 三宅常之)

[日経テクノロジーオンライン 2014年6月5日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン