/

千葉県、東電に1億7000万円賠償請求 原発事故で

千葉県は6日、東京電力福島第1原発事故の損害賠償として、約1億7千万円を東電に請求すると発表した。

2012年8月以降、順次請求しており、今回は食品に含まれる放射性物質の検査や廃棄物の処理など、事故直後から13年3月末の間に発生した関連費用の追加分が対象。

県によると、これまでに約2億円を請求し、約1億円の支払いが決まっているという。13年度以降の放射性物質対策の費用は現在集計中で、今後、東電側と扱いを協議する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン