Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

将棋ソフトがプロ棋士を制圧する日 対局ごと進化が加速
ジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2013/11/8 7:00
共有
保存
印刷
その他

 将棋のコンピューターソフト同士が対戦する「将棋電王トーナメント」が11月2~4日、都内で開かれた。これは来春、プロ棋士と将棋コンピューターソフトが対戦する「第3回将棋電王戦」の団体戦に出場する将棋ソフトを決める大会だ。予選を勝ち抜いた12の将棋ソフトが争い、上位5位までがプロ棋士への挑戦権を得た。今春の第2回電王戦では将棋ソフトが5戦中3勝し、「コンピューターが人間を破った」と話題になった。将棋ソフトはどこまで強くなれるのか。今大会4位の「やねうら王」にスポットを当て、進化し続ける将棋ソフトの現状を取材した。

■最善手を絞り込む力がポイント

「将棋電王戦」の公式ページ
画像の拡大

「将棋電王戦」の公式ページ

 やねうら王を開発したのは、やねうデザイン社長の磯崎元洋氏。同氏は「やねうらお」のハンドルネームで活動する天才的プログラマーとして知られる。磯崎氏は自身のウェブサイトで将棋について「最善手を選ぶためのくじ引きをしているようなもの」と表現している。

 人間も将棋ソフトも、将棋の強さは日本将棋連盟が運営に関わる「将棋クラブ24」というサイトで対局することで計測できる。結果は「レーティング(R)」というスコアで出され、客観的な判断が可能だ。当然、高いスコアを取る人やソフトほど強いということになる。

 R評価が高い人やソフトは対局中、次の指し手として数多くの選択肢のうちどれが最善かを迅速に見抜く力があるといえる。例えば、R500程度の人が次の手を20手の中から選ぶとすれば、R1000の人はさらに先を読むことで10手まで絞り込む実力があり、R2000だと5手、R3000なら3手ぐらいまで絞り込むことができるという。

対局の様子を見つめる磯崎元洋氏(左)
画像の拡大

対局の様子を見つめる磯崎元洋氏(左)

 磯崎氏は「ハイレベルな対局では素人が思うほど指し手に自由度はない。広大な砂漠で一粒の種を探すかのように、悪手ではない手を探さなければならない」とその難しさを説明する。

 平均的なプロ棋士のR評価はR2800程度。これに対し、一部の将棋ソフトはR3000を超え始めているという。そのため、R評価を基準にすると、理論上は将棋ソフトの実力がプロ棋士を上回りつつあるといえる。

 将棋より指し手の選択肢が少ないチェスの場合、IBMのスーパーコンピューターが人間のチェスチャンピオンを初めて破ったのが1996年。だが、今やスマートフォンに搭載されたチェスアプリでも人間に圧勝するほどコンピューター側は進化してしまった。将棋の世界でもいずれ人間は将棋ソフトにかなわなくなるとの見方が有力だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

コンピューター将棋ソフト

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月21日(木)

  • 貯金できない人をサポート!! マネーフォワードが貯蓄アプリ「しらたま」を提供開始 (1) 「しらたま」のサービス内容とは?
  • 先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ―高校生向け学習記録SNS「Studyplus」
  • 三井住友FGが取り組むデジタルイノベーションとは? 「目指すのは、明日の金融にサプライズを起こすこと」 APIの公開やスタートアップを含めた連携、そして渋谷へのイノベーション拠点開設など……

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト