2019年6月24日(月)

任天堂、ニコニコ動画を支援 来春の大型イベント
幕張メッセ「ニコニコ超会議2」の概要発表

(1/3ページ)
2012/12/6 21:23
保存
共有
印刷
その他

 動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」を運営するドワンゴは6日、来年4月に幕張メッセ(千葉市)で開催予定の大型イベント「ニコニコ超会議2」の概要を発表した。任天堂が「特別協賛」として参加するほか、大塚食品、吉本興業、ヤフーなど計24社の協賛を取り付けたことを公表した。後援は「クール・ジャパン」を支援する経済産業省。2日間で10万人以上の来場者を見込む。

「おおおおおおおおおお」「88888888(拍手)」「すげーーーー!!!」

「ニコニコ超会議2」概要発表会冒頭、いきなり任天堂の岩田聡社長が登場。会場、ネット中継ともにどよめいた

「ニコニコ超会議2」概要発表会冒頭、いきなり任天堂の岩田聡社長が登場。会場、ネット中継ともにどよめいた

超会議2の概要発表会冒頭。VTRでいきなり任天堂のロゴが映し出されると、会場、そして「ニコニコ生放送」での中継画面とも、いっせいにどよめいた。直後、発表会の会場となった東京・六本木のライブハウス「ニコファーレ」壇上に任天堂の岩田聡社長が現れ、どよめきはさらに大きなものとなった。ニコ動が用意した今年最後のサプライズだ。

■謙虚な任天堂、曲折を経て特別協賛に

超会議2は今年4月、幕張メッセを2日間貸し切って行われた大規模イベント「ニコニコ超会議」の2013年版。12年の超会議では会場に9万2384人、ネット中継に延べ347万人が来場、ネットとリアルを融合した初のイベントは盛況に終わった。

だが、課題は4億7000万円という赤字額。13年の成否は、企業協賛をどれだけ得られるかにかかっていた。

6日に公表された任天堂の特別協賛は、いわば「冠スポンサー」のようなもの。ほかの協賛企業の支出額より格段に高いとみられ、当初、ドワンゴは「任天堂プレゼンツ超会議」としたいと考えていたようだ。しかし任天堂側が「お金は出しますが、そんなに派手にしないでください。一協賛という立場で」と固辞。結局、特別協賛という名前に落ち着いた。

■「超会議を任天堂色に染めようなどとはまったく思っていません」

任天堂が自社主催以外のイベントに参加することは極めて珍しい。幕張メッセで毎年開催されているアジア最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ(TGS)」にも出展していない。その任天堂が一体なぜ……。答えは岩田社長の口から直接語られた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報