/

任天堂、ニコニコ動画を支援 来春の大型イベント

幕張メッセ「ニコニコ超会議2」の概要発表

 動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」を運営するドワンゴは6日、来年4月に幕張メッセ(千葉市)で開催予定の大型イベント「ニコニコ超会議2」の概要を発表した。任天堂が「特別協賛」として参加するほか、大塚食品、吉本興業、ヤフーなど計24社の協賛を取り付けたことを公表した。後援は「クール・ジャパン」を支援する経済産業省。2日間で10万人以上の来場者を見込む。

「おおおおおおおおおお」「88888888(拍手)」「すげーーーー!!!」

「ニコニコ超会議2」概要発表会冒頭、いきなり任天堂の岩田聡社長が登場。会場、ネット中継ともにどよめいた

超会議2の概要発表会冒頭。VTRでいきなり任天堂のロゴが映し出されると、会場、そして「ニコニコ生放送」での中継画面とも、いっせいにどよめいた。直後、発表会の会場となった東京・六本木のライブハウス「ニコファーレ」壇上に任天堂の岩田聡社長が現れ、どよめきはさらに大きなものとなった。ニコ動が用意した今年最後のサプライズだ。

謙虚な任天堂、曲折を経て特別協賛に

超会議2は今年4月、幕張メッセを2日間貸し切って行われた大規模イベント「ニコニコ超会議」の2013年版。12年の超会議では会場に9万2384人、ネット中継に延べ347万人が来場、ネットとリアルを融合した初のイベントは盛況に終わった。

だが、課題は4億7000万円という赤字額。13年の成否は、企業協賛をどれだけ得られるかにかかっていた。

6日に公表された任天堂の特別協賛は、いわば「冠スポンサー」のようなもの。ほかの協賛企業の支出額より格段に高いとみられ、当初、ドワンゴは「任天堂プレゼンツ超会議」としたいと考えていたようだ。しかし任天堂側が「お金は出しますが、そんなに派手にしないでください。一協賛という立場で」と固辞。結局、特別協賛という名前に落ち着いた。

「超会議を任天堂色に染めようなどとはまったく思っていません」

任天堂が自社主催以外のイベントに参加することは極めて珍しい。幕張メッセで毎年開催されているアジア最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ(TGS)」にも出展していない。その任天堂が一体なぜ……。答えは岩田社長の口から直接語られた。

短い挨拶を済ませ、夏野剛取締役(左)と握手する岩田社長

 「任天堂では情報を直接、皆さまにお届けする『ニンテンドーダイレクト』という番組を、ニコニコ生放送を通じて積極的に放映してきました。このたび超会議への特別協賛を決定させていただいたのは、日ごろからニンテンドーダイレクト等を通じてご覧いただいているニコ生の視聴者さんへの感謝の気持ちとして、ぜひ我々も協力させていただきたいと考えたからです」

「ネットとリアルの融合をかかげて、ニコニコを愛する皆さんのいわば遊び場であるニコニコ超会議のご発展に、任天堂も微力ながらお役に立てればと思っています。特別協賛という大変たいそうな位置づけでお声がけいただいたのですけれども、超会議を任天堂色に染めようなどとはまったく思っていませんので、どうぞご安心ください」

「皆さんのやりたいようにやっていただくのがニコニコ」

今回の発表会はユーザー参加型。会場のニコファーレにはメディア関係者のほか、数百人の一般ユーザーも招待され、ニコ生での生中継では延べ7万2000人以上が見守った。そのニコ動ユーザーは岩田社長のユーモアと男気に爆笑し、称賛の拍手を送った。

約3000万人の登録会員を抱えるニコ動。そのユーザーたちはゲームやアニメなど、エンターテインメントコンテンツに詳しい"オタク"が多い。リテラシーは高く、任天堂が置かれている状況や超会議に参加することの「重大さ」を十分に理解している。そのことを岩田社長自身も十分に理解している。だからこそのコミュニケーション。

「皆さんのやりたいようにやっていただくのがニコニコだと思っています」。岩田社長がユーザーに語りかけると、会場、ネット中継ともに一段と歓声が高まった。壇上で進行を務めた夏野剛取締役も「僕らも正直驚いています!」と驚きを隠さなかった。

ゲーム機3大プラットフォームの競演が実現

ただし、岩田社長が言うように、来年の超会議は任天堂の大きな支援があるものの、任天堂一色になることはない。開催概要を見ると、むしろユーザーが作詞作曲する「ボーカロイド」、オリジナルのダンスをする「踊ってみた」など、ユーザー自身がコンテンツを生み出していく「ユーザー文化」の色が一層濃くなる企画が目白押しだ。

しかし一方で、企業ブースのエリアも負けじと今年以上の盛り上がりを見せそうだ。

 その一つが、凋落(ちょうらく)がいわれて久しい家庭用ゲーム機「3大プラットフォーム」の対決。来年の超会議2のブース出展には、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)、日本マイクロソフトも名を連ねている。TGSでも実現していない3大プラットフォームの競演は大きな目玉だ。

さらなる参加企業・組織のサプライズも?

会場では任天堂を頂点とする協賛・出展企業が順に紹介された。現時点で24社だが、まだ増えるという

さらに「カラオケの鉄人」「DAM」「JOYSOUND」というカラオケ企業対決も実現する。協賛に名を連ねるローソン、シルバースタージャパンが何をしてくるのかも見物だ。食品関連でも大塚食品、肉の万世がどう幕張メッセでアピールするのか期待がかかる。動画サイト「Gyao(ギャオ)」を抱えるヤフーも出展が決まった企業の一つ。ライバルの陣地に乗り込む格好だけに注目度は大きい。

協賛・出展企業名を一通り公表した後、壇上で進行を務めた夏野取締役は「やればできるじゃん!」と評した。「まだまだ、協賛・出展企業は募っています。どこがいい?」とユーザーに語りかけ、「民主党!」の声があがると会場は爆笑に包まれた。自衛隊は昨年に引き続き出展する方向で調整しているようだ。

来年の超会議2では今年同様、JRの協力で幕張までの臨時列車を走らせるほか、全国各地から幕張メッセへのバスツアーも企画される。ニコ動のことだから、さらなるサプライズを準備しているはずだ。

統括プロデューサーの告知、現実に

昨年に引き続き超会議の統括プロデューサーを務めるドワンゴの横澤大輔取締役は今年10月、こう語っていた。

「僕はコンテンツホルダーとの交渉はずっとやってきてるから、ある程度、勘所が分かるんですね。でも企業相手の営業ってしたことがない。超会議の赤字を減らすには企業協賛を募ればいい。シンプルなんですけど、何か気恥ずかしいというか、すみませんみたいな。だけど僕は統括だから、僕がやらなければいけない。必ず驚かせてみせますよ」

ネットと融合した新手のリアルメディア、超会議は、ユーザーと大企業を巻き込み、さらなる進化をとげる。少なくとも、すでに驚きを与えることに成功した。超会議2は来年4月27、28日の2日間にわたって開催される予定だ。

(電子報道部 井上理)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン