/

この記事は会員限定です

チロルチョコ復活へ甘くない「カイゼン」

[有料会員限定]
 一口サイズのチョコレート「チロル」のブランドで知られる菓子の企画・販売会社であるチロルチョコ(東京都千代田区)が収益回復に向け、業務改革に乗り出した。コンビニエンスストアでの販売を増やして業績を伸ばしたものの、2009年3月期の113億円をピークに売上高が伸び悩んで赤字に転落。「いつの間にか社内にムダが入り込んだ」。そう判断した社長の松尾利彦は、徹底的なムダとりで知られるトヨタ生産方式の創始者、故・大野耐一に師事した山田日登志の指導を仰ぐことにした。工場や物流の現場で厳しいカイゼン活動が始まった。(文中敬称略)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3425文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン