政客列伝 灘尾弘吉(1899~1994)

フォローする

政界入り、夢と消えた「緒方内閣」 「群雀中の一鶴」灘尾弘吉(2)
政客列伝 特別編集委員・安藤俊裕

2012/1/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

内務次官を退官した灘尾弘吉は1945年(昭和20年)10月、敏子夫人と能美島に帰省した。満員のすし詰め列車でようやくたどりついた広島の街は原爆で廃虚と化していた。灘尾は知人が運転するオート三輪車に乗って県庁などを見て回った。「あの焼け野原の中で目に付いたのが墓場でした。広島は寺が多い街です。その建物が焼け、墓石だけが残ってました。陽を受けて光っているように見える墓石の白さが今でも脳裏に焼き付いて…

政客列伝をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ