2019年1月20日(日)

日本の鉄鋼製品に反ダンピング課税へ 米商務省仮決定

2014/5/6付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米商務省は5日、日本などから輸入された一部の鉄鋼製品が米国内で不当に安い価格で販売されているとして、最大241.91%の反ダンピング(不当廉売)関税を課す仮決定を下した。日本の新日鉄住金とJFEスチールには、ともに172.3%が課税される。

課税対象となるのは、変圧器などに使う方向性電磁鋼。米オハイオ州やペンシルベニア州の米鉄鋼メーカーが昨年9月に被害を訴え、商務省が調査をしていた。

日本以外には、中国、チェコ、ドイツ、韓国、ポーランド、ロシアのメーカーが対象となる。最大の関税が課されるのは、ドイツのティッセンクルップのグループ会社。

商務省によると、昨年の日本からの輸入総額は4100万ドル(約42億円)で前年に比べ約7%増えているという。

日本製品については今年7月に本決定し、最終的には8月に予定される米国際貿易委員会(ITC)の判断で課税が決まる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報