2019年2月19日(火)

もう一人の立役者 大野伴睦(5)総裁選で苦杯、池田体制の支柱に
特別編集委員 安藤俊裕

2010/6/6 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1960年(昭和35年)7月の自民党総裁選に立候補の意思を示したのは池田勇人、大野伴睦、石井光次郎、松村謙三、藤山愛一郎の5人。大野支持は大野派と河野派、それに岸派の川島正次郎系であった。

岸派本体と佐藤派は大野との禅譲密約があったにもかかわらず、態度はあいまいであった。池田派は岸派と佐藤派の支持取り付けに自信を持っていた。大野は川島幹事長を信頼して岸派の支持に期待していたが、大野と親しい読売新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報