/

竜巻か 1人死亡40人けが 茨城と栃木で住宅損壊

竜巻とみられる突風で倒壊した住宅(6日午後、茨城県つくば市北条)=共同

6日午後1時ごろ、茨城県つくば市や栃木県真岡市などで竜巻とみられる突風が吹いた。つくば市では住宅が壊れ男子中学生が死亡、40人前後がけがをした。大気の状態は全国で不安定で、富山県では落雷に遭ったとみられる男性が死亡。埼玉県でも落雷で小学生の女児が意識不明の重体になった。

茨城県の橋本昌知事は自衛隊に災害派遣を要請。水戸地方気象台は茨城と栃木の被害について、竜巻か積乱雲から突風が吹き下ろすダウンバーストが発生したとみて7日に現地調査する。

茨城県や県警などによると、つくば市北条で150~200棟の窓ガラスが割れたり屋根瓦が飛んだりした。30人以上がけがをし、男子中学生(14)が死亡、もう1人が重体とみられる。午後1時ごろ「竜巻が発生した」と住民が通報。市内の約1万2千戸が停電し、幼稚園や県営住宅のガラスが割れた。

栃木県内でも真岡市、益子町、茂木町で建物の屋根がはがれ、倒木で道路が一部通行止めになった。3市町で計約300棟に被害があり9人がけがをした。福島県内でもビニールハウスなどが壊れた。

富山県警によると、魚津市で午前11時15分ごろ、田んぼで倒れている八倉巻理人さん(64)を住民が発見。落雷に遭ったとみられ死亡が確認された。

埼玉県警によると、桶川市坂田でも午後2時20分ごろ落雷があり、飼い犬を遊ばせるドッグラン敷地内の木の下で雨宿りをしていた同県宮代町の関根順子さん(40)と小学6年の長女彩加さん(11)が意識不明になった。関根さんはその後、意識が戻った。

気象庁によると、気圧の谷の通過で大気の状態が不安定になっているとして、6日朝から東海、関東、東北にかけて各地の気象台が竜巻注意情報を断続的に出していた。

水戸地方気象台によると、茨城県全域には6日早朝から雷注意報が出ていた。水戸市ではひょうが降った。〔共同〕

電柱がなぎ倒された商店街(6日、茨城県つくば市)
大破した車が散乱する集合住宅(6日、茨城県つくば市)
大破した車が散乱する集合住宅の周辺(6日、茨城県つくば市)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン