イー・モバイルは最大42Mbpsの通信サービスを10月開始 周波数帯を2倍に拡大、NTTドコモのLTEに対抗

2010/7/7付
保存
共有
印刷
その他

図1 デモでは室内で40Mbps以上の通信速度が出る様子を示した

図1 デモでは室内で40Mbps以上の通信速度が出る様子を示した

イー・モバイルは2010年7月6日、最大42Mbpsの無線通信サービスを開始すると発表した。2010年10月の開始を予定する。周波数帯を従来の2倍に拡大して高速化する「DC-HSDPA」方式を使う。NTTドコモが次世代の通信方式LTEのサービスを2010年12月に開始する方針を示していることから、それよりも早期に高速サービスを展開することで対抗する。

発表会場では、室内における通信テストで40Mbps以上の速度が出ている様子を示した(図1~2)。通信速度の受信最大42Mbpsは、現状で提供している「HSPA+」方式の受信最大21Mbpsの2倍に当たる。従来方式では、送信に1チャンネル、受信に1チャンネルを利用するが、DC-HSDPA方式では受信を2チャンネルにすることで高速化する。

図2 通信デモに使用した試験用端末

図2 通信デモに使用した試験用端末

周波数帯域は、現状の通信サービスで利用している1854.9M~1859.9MHzに加え、総務省から2009年6月に認定を受けた1849.9M~1854.9MHzの合計10MHz幅を使う。

現状では、サービス名称、料金プラン、対応端末、サービス開始日は未定。サービス提供エリアについては「都市圏から開始し、1年で人口の60~70%をカバーする予定」(阿部基成取締役副社長)という。

(日経パソコン 松元英樹)

[PC Online 2010年7月6日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]