/

一瞬の油断 私は交通事故の加害者になった

深い心の傷、支援難しく

 飲酒運転や高齢者、過労運転による交通事故はなぜなくせないのか。アルコール依存症など背景に横たわる社会の問題。一瞬の油断から取り返しのつかない重大な結果を招いてしまった加害者という立場からも「輪禍」の芽を摘む方策を探る。(大阪社会部取材班)

[近畿・中四国地域の社会面で7月に連載した企画「癒やされぬ輪禍」を再構成しました]

涙して眠れぬ夜

「準備があるし、早めに着きたいな」

被害者の祭壇に手を合わせる受刑者(兵庫県加古川市の加古川刑務所交通区)

小雨が舞う2007年12月、島根県大田市の国道でワゴン車を運転していた高校教諭の男性(37)は、軽い気持ちでアクセルを踏み込んだ。正午すぎから始まる体操指導者の研修会に向かう途中。メーターの針は法定速度を約40キロ超える時速約100キロを指していた。

「危ない」。後輪が突然スリップした。カーブを曲がり切れず、対向車線の軽自動車と正面衝突。軽自動車に同乗していた女性が死亡、女性の家族ら3人が重傷を負った。

勤務先の高校は懲戒免職になった。自動車運転過失致死傷罪に問われた公判では、「学校の先生が何てことをするんだ」という遺族の手紙が読み上げられるのを聞いた。

禁固2年の実刑判決を受け服役中も、被害者にどう償ったらいいか分からず、涙しては眠れぬ夜が続いた。教壇から生徒に「命の大切さ」を説いてきたことと、人の命を奪ってしまったことの矛盾に、自殺も考えた。今もまだ罪の償い方を見つけられずにいる。

一瞬の油断で加害者になることがある交通事故。15年前から事故当事者の示談交渉を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)「大阪交通事故被害者救済センター」(大阪市)の福岡浩介相談員は「被害者ばかりでなく、加害者も対人恐怖症になるなど精神的に参ってしまうケースを見てきた」と話す。

実際、警察庁科学警察研究所が02年度、死亡事故の加害者23人と遺族418人を対象に心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関係する症状の度合いを調査したところ、事故直後に「不眠やいらいらがある」は遺族で22%、加害者で60%。「感情がなくなる」は遺族17%、加害者55%。「突然、事故のことを思い出す」は遺族41%、加害者73%と、いずれも加害者の方が多かった。

調査を担当した科警研交通科学第2研究室の藤田悟郎室長は「突然、加害者になったという社会的な意味での恐怖が原因」と分析。「多くの人は治療を必要とする可能性が高い」と指摘する。

まずは危険認識

とはいえ、加害者への視線は厳しく、ケアや支援の場はないに等しい。

被害者を支援するNPO法人「交通事故サポートプログラム」(名古屋市)にも加害者から謝罪方法などの相談がまれにあるという。だが、自らも事故の遺族である松村三恵子・大阪支部代表は「話は一応聞くが、傷つけた立場の加害者を支援するのは心情的にも難しい」と話す。

専門家には「被害者、加害者を区別することなく、中立的な立場で精神的な治療や支援も必要」との指摘もある。ただ交通捜査のベテラン捜査官は強調する。「車を運転する誰もが、少しのミスや安易な気持ちが重大な結果を招くと認識することが、まずは大切。新たな被害者、そして加害者を生まないために」

(「高齢運転者、不安と同伴」に続く)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン