/

ウィキリークス、「ミラーサイトで継続」呼び掛け

【ワシントン共同】米外交公電約25万点を公表した内部告発サイト「ウィキリークス」は5日、サイバー攻撃などで閲覧不能となることを防ぐため、同一内容のサイト(ミラーサイト)立ち上げを呼び掛け始めた。既に200以上のミラーサイトが設置されたとしている。

ウィキリークスは「われわれは攻撃を受けている。インターネットからウィキリークスを永遠に排除できないようにするため、助けてほしい」とサイト上で訴え、ミラーサイト立ち上げの方法を説明している。

ウィキリークスは今月3日、何者かのサイバー攻撃で一時閲覧不能となった。またサイト運営に必要なサーバー利用を米企業に断られるなどしたため、ネット上の拠点を移すことを余儀なくされている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン