/

南極の隕石から新種鉱物発見 NASAの邦人研究者

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、NASAジョンソン宇宙センターの中村圭子研究員がリーダーを務める研究チームが、南極で見つかった隕石の中から新種の鉱物を発見したと発表した。

隕石は太陽系誕生から間もない約45億年前にできたと考えられ、太陽系の成り立ちの解明に役立ちそうだ。研究には東北大も参加した。

研究チームは、1969年に日本の南極探検隊がやまと山脈で発見した隕石を、NASAが保有する透過型電子顕微鏡を使って分析。

隕石の中に含まれている縦50ナノメートル(ナノは10億分の1)、横450ナノメートルほどの非常に小さな粒を詳しく調べた結果、硫黄とチタンの2種類の元素からできた独特の結晶構造を持つ新種の鉱物であることを突き止めた。隕石は火星と木星の間の軌道を回る小惑星が起源と考えられるという。

鉱物は、隕石に関する幅広い研究で知られる米国の科学者名にちなみ「ワソナイト」と名付けられ、国際鉱物学連合が公式に新鉱物と認定した。

中村研究員は「21世紀のナノテクノロジー技術を用いることで、これらの試料から、より多くの宇宙の秘密を解き明かすことができるかもしれない」とコメントしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン