BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

壁を「透視」して人検知、MITが無線LAN活用で

(1/2ページ)
2013/7/5付
共有
保存
印刷
その他

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、同大学の研究者が無線LAN(Wi-Fi)の電波を用いて動く人間を検知するシステム「Wi-Vi(Wi-Fi Vision)」を開発したと発表した。コンクリートの壁の向こう側にいる人の動きを知ることができる。近い将来、安価な対人レーダーとしてさまざまな用途に利用できる可能性が出てきた。

 Wi-Viは、一般的な無線LANの電波を発射し、人に反射して戻ってきた電波を受信することで、受信器と人の間の距離や、人の動きを知るシステム。原理的には、一般的な測距用レーダー・システムと共通性が高い。ただし、従来の測距用レーダー・システムは専用に割り当てられた電波帯域を用いている上に、価格やシステム寸法の点においても、一般消費者が使えるようになる可能性は低かった。

 今回、MIT Department of Electrical Engineering and Computer ScienceのDina Katabi教授の研究チームが、人間を対象にした測距用レーダーを、低コストのWi-Fiで開発した。低価格かつ小容積のシステムを実現できる。

■動く物体からの反射波だけ検知

 MITによれば、開発は容易ではなかった。無線LANで利用する電波は部屋内部の家具や机、壁や天井で乱反射する上、壁を透過して戻ってくる電波は発射した電波のほんの一部だからだ。Katabi教授らは、動く人間に反射して戻ってくる電波だけを取り出す技術を開発することで、Wi-Viの開発につなげた。

 Wi-Viシステムの最小構成は、送信用アンテナ2本と受信用アンテナ1本を備えたWi-Fiのトランシーバである。送信用アンテナ2本は互いに位相が逆で、同じ強さの測距用電波信号を発射する。これによって、静止している物体からの反射波は互いにほぼ相殺し、動く物体に反射した電波だけを検知できる。動く物体とは、多くの場合、人間ということになる。検知の解像度も比較的高く、腕の動きなども検知できる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

MITキネクトWi-Fi無線LANマイクロソフト

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

赤く塗った部分が確定した改良範囲。緑色の部分に広げるべきとの意見も出ている。平面図と横断図も同様。この位置での地盤改良を、一般的には深さ2、3mまでの地盤で行う「浅層混合処理」と位置付けるのは、鉄道・運輸機構独自の用語法に基づくという(資料:鉄道・運輸機構)

パワーブレンダーで地盤改良へ、北陸新幹線陥没事故

 北陸新幹線柿原トンネルの建設現場で発生した陥没事故を受け、学識者で構成する技術委員会は第2回会合で、事故現場をパワーブレンダー工法で地盤改良することを提言した。…続き (10/17)

働き方見える化サービスの画面(出所:NEC、以下同)

残業時間が丸見え NECが働き方監視サービスを強化

 NECは2017年10月16日、従業員の作業内容や残業時間を管理するための「働き方見える化サービス」を強化し、部署単位で業務状況をグラフ表示する機能などを追加した。…続き (10/17)

コンセプトカー「Snap」

Rinspeed、CESにボディー分離型コンセプトカーを出展


 スイスRinspeedは2017年10月11日、「CES 2018」(2018年1月9~12日)にコンセプトカー「Snap」を出展すると発表した。Snapはボディーとシャシーが分かれている。完全自動…続き (10/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月17日(火)

  • 世界がトヨタを潰しにきた!VW、習近平「EVシフト」の狙い
  • 労働者を保護すると、ロボットの導入が加速し失業者が増加する
  • 新iPhoneのワイヤレス充電は、社会インフラを大きく変える可能性がある

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月17日付

2017年10月17日付

・VR機器部品、技術競う アルプス電気やロームなど
・LNG船、CO2さらに抑制 環境省、技術開発に補助金
・3Dプリンター、建設にも 大林組が橋の部材
・マツダ、車の骨格1割超軽く
・大島造船所、本社工場の拡張検討
…続き

[PR]

関連媒体サイト