/

この記事は会員限定です

エジプト「革命」2年、政経混乱の悪循環

本社コラムニスト 脇祐三

[有料会員限定]

エジプトの独裁崩壊から2年。国内の分裂は深刻で、流血の衝突が続く。政治の混乱が通貨価値の急落を招き、経済の混乱が政治への不満を募らせる悪循環は、「革命」後の安定の難しさを示す。

関連記事
・1月8日日経朝刊6面「エジプト、通貨急落、不安広がる」
・1月26日Financial Times「Egypt protests highlight divide over legacy of revolution」
・1月29日日経朝刊7面「エジプト深まる混迷、3県で非常事態」
・2月1日BBC News「Black Bloc anarchists emerge」
・2月5日Financial Times「Cairo beating prompts inquiry」

2年前にムバラク政権打倒を叫ぶ若者が集結したカイロのタハリール広場に、「モルシよ政権から去れ」という声が響く。モルシ現大統領とその背後にいるイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」の政治路線に反発する人々は、「やつらは革命を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン