休漁・輸入制限も選択肢 クロマグロ漁獲規制強化
来年に資源回復計画

(1/2ページ)
2013/9/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「太平洋のクロマグロ資源を守るためなら、産卵期の休漁くらい協力する」。5日まで福岡市で開いた中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会を傍聴した長崎県壱岐市のマグロ漁師、中村稔さん(45)は、漁獲規制強化が必要だという自分たちの主張の正しさを再確認した。

「これ以上、マグロがいなくなると生活もできない。まき網漁船が夏の産卵期のマグロをとらないでくれるなら、自分たちも産卵期は釣らない」

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]