/

この記事は会員限定です

地下11mで金型加工 国内で「最先端ものづくり」

強い工場(上)

[有料会員限定]
 日本の工場はバブル経済崩壊後の約20年間、幾多の経済危機や災害の試練にさらされてきた。海外に生産拠点を移すメーカーは後を絶たないが、日本から去っていく工場ばかりかというと、決してそうではない。創意工夫を凝らすことで、元気に日本の地でものづくりを続けている工場は確かに存在する。幾多の困難に遭遇してもそれを乗り切り、創意工夫でものづくりを続ける「スゴい工場」である。この連載では、個性的な建物や施設を備える「最先端工場」と、強い工場を実現するためにビジョンを描き、強力なリーダーシップを発揮する「鋼の工場長」の2点にフォーカスする。今回は、日本ならではのハイテクを駆使した最先端工場を紹介する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン