/

この記事は会員限定です

ザ・分解 事故大国で人気沸騰、ドライブレコーダー3機種を分解

「粗利3割、スマホでは代替できない」と台湾メーカーが期待

[有料会員限定]

2011年から台湾で急速に普及したカメラ関連機器がある。「行車記録器(しんつじるち)」、すなわち「ドライブレコーダー」だ。ユーザーは交通事故の様子を自動録画することによって、賠償を回避もしくは、軽減することを期待している。

既に台北市では、ドライブレコーダー専売店が幾つも現れ、一般の消費者がクルマに装備し始めた(図1)。一部流通業者によれば「台湾の市場規模は2012年に40万台。韓国でも同程度の数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4655文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン