2018年1月23日(火)

小規模ビルもITで省エネ 簡単設置で導入コストの壁破る

コラム(テクノロジー)
(1/2ページ)
2013/8/14 7:00
保存
共有
印刷
その他

 小規模ビルでも導入しやすいBEMS(ビルエネルギー管理システム)が北米で注目されている。ビルの電力を制御してエネルギー効率を上げるBEMSは、大規模なビルほど省エネ効果が大きく導入が進んでいるが、小規模ビルはこうしたIT(情報技術)の費用対効果が見えにくく、大規模ビルほどには普及していない。

 これに対し、カナダRegen Energyが提供するBEMSは、コントローラーを設置するだけという既築ビルにも簡単に取り付けられる利点が認められ、小規模ビルでの設置が増えている。

■通常は1~2日で設置完了

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

 Regen EnergyのBEMSは、装置がコントローラーのみという単純な作りである(図1)。このコントローラーをエアコンやポンプなどの電力制御したい設備すべてに設置する。コントローラーは相互にデータをやり取りして、ビル全体のエネルギー効率を最大にするよう、設備をそれぞれ制御する。

 「コンセントレーラー」のような情報を集中管理する設備は不要である。それぞれのコントローラーが情報をやりとりしながら一つの目的に向かって連携して動作する様子が、ハチの群れの行動に似ていることから、Regen EnergyのBEMS技術を「SWARM(群れ)」と呼ぶ(図2)。

 コントローラーは、ZigBee(ジグビー)無線通信モジュールを内蔵し、コントローラー間が800メートルまでは通信可能である。コントローラーの設置は、1個当たり20~40分で済む。よほど大きなビルでなければ1~2日で完了する。この手軽さが受けて、顧客の95%が既築ビルである。これまで既築ビルに簡単に設置できるソリューションがなかったため、多くのビルオーナーが設置に動き出した。

図2 コントローラーが連携してエネルギー効率を上げるSWARM技術(図 Regen Energy)

図2 コントローラーが連携してエネルギー効率を上げるSWARM技術(図 Regen Energy)

 現行のコントローラーの応答速度は2分。これでもデマンドレスポンス(DR、電力需給の逼迫度合いに応じて需要抑制にインセンティブを与えたり、消費にペナルティーを科したりして需要を抑制する仕組み)への対応は十分だが、さらに2013年9月に発売される新製品では1秒に短縮される。これであれば、高速DRにも対応できるスピードだ。電力市場の価格変動に対応して、リアルタイムで制御することもできる。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

BEMSエネルギー省エネ

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報