2019年9月19日(木)

花火大会、点火を仕切る「頭脳」の正体 夏の風物詩にもIT

(1/2ページ)
2010/8/8 7:00
保存
共有
印刷
その他

夏の風物詩といえば花火大会。この時期、全国各地で数えきれないほどの大輪が夜空をにぎわせている。東京都内では「隅田川花火大会」と並んで人気の「東京湾大華火祭」が8月14日に開催される。その大会をプロデュースする丸玉屋(東京・中央区)に、凝った演出の打ち上げ花火を裏で支えるIT(情報技術)を見せてもらった。

東京湾大華火祭より一足早く、8月1日に中山競馬場(千葉県船橋市)で開催された花火大会「The Grand Sky Musical 2010」は、競馬場の幅600メートルをいっぱいに使う演出で約3万9000人の観客を沸かせた。「これだけの広さにわたる花火を同期させるのは、人手では不可能」と丸玉屋の小勝敏克社長は語る。

中山競馬場の馬場600メートル幅をフルに使った打ち上げ花火。コンピューター制御で点火している

中山競馬場の馬場600メートル幅をフルに使った打ち上げ花火。コンピューター制御で点火している

馬の形に似せた花火を左から右に次々に打ち上げて競馬レースを再現する演出、会場をピアノの鍵盤に見立ててチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」に合わせて花火が舞う演出――。これらに欠かせないのがコンピューターによる打ち上げ制御だ。

丸玉屋が使う制御システムは米国製で、打ち上げのタイミングを30分の1秒単位でコントロールできるという。観客席に向けて流す音楽やアナウンスに合わせて、あらかじめプログラミングした通りに、煙火玉(玉)の入った花火筒(筒)に命令を送る。さらに現場近くにいるオペレーターが制御システムを操作してタイミングを微調整している。

コンピューター制御は全体の約2割

日本の花火大会では20年ほど前からIT導入が始まった。花火評論家の冴木一馬氏は、「全国の花火大会のプログラムのうち2割くらいがコンピューター制御ではないか」と語る。音楽に合わせた演出を望む主催者の要望もあって、その割合は少しずつ増えているという。

配線までが完了した状態の筒。箱の手前側の袋にくるまれたものが点火装置。1台の点火装置で16本の筒に点火できる

配線までが完了した状態の筒。箱の手前側の袋にくるまれたものが点火装置。1台の点火装置で16本の筒に点火できる

中でも丸玉屋は年間約170件のプロデュースを手掛ける大手。花火大会は夏に集中するため、早いものでは4月ころから作業を始める。まず会場配置を見ながら、花火の色、高さ、大きさ、着火してから開くまでの時間などを計算して進行表を作る。それを基に、一つひとつの花火を打ち上げる場所とタイミングを、システムと連携する専用ソフトでプログラミングしていく。

システムの導入で現場は省力化するように思えるが、実は「準備にかかる時間は3倍に増えた」(小勝社長)という。システム制御では、打ち上げる玉と筒を1対1で対応させる必要があり、「筒に個別のアドレスを割り振って、どの玉をどの筒に入れるかを決める」(小勝社長)。現場に運び込む筒の数が従来より格段に増えたため、事前に筒に点火装置を配線しておく場合が多いという。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。