橋下知事「復興相やめる必要なし。辞任なんて末期症状」

2011/7/5付
保存
共有
印刷
その他

大阪府の橋下徹知事は5日、松本龍復興対策担当相の辞任に関し「きちんと謝罪し仕事で結果を出すなら、辞める必要はまったくない。一つの発言で大臣を辞めなければいけないなんて、日本の政治は末期症状だ」と述べ、松本氏を擁護した。

復興相の言動について「被災者が怒るのも分かる」とする一方、「人間、発言して間違うことは山ほどある」と指摘。「僕だって山ほどそんな(失言とされる)発言をしているが、まずければ謝る」と述べた。視察で訪れた府内の中学校で記者団に答えた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]