2018年7月22日(日)

オリックス、ゴルフ場跡地に51MWのメガソーラー

2014/6/6付
保存
共有
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

建設地の「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」跡(出所:オリックス)

建設地の「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」跡(出所:オリックス)

 オリックスは2014年6月4日、三重県津市のゴルフ場跡地に、出力約51MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。ゴルフ場跡地を活用したメガソーラーとしては、国内最大規模になる。

 三重県津市は、国内有数の年間日射量を誇る地域にあり、太陽光発電事業に向くという。

 2016年5月に発電を開始し、発電開始後の初年度の年間予想発電量は、一般家庭約1万6620世帯分の年間消費電力に相当する5982万4400kWhを見込んでいる。

 建設地は、2014年1月に営業を終了した「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」跡地で、約119万5860平方メートルの敷地に、東芝製の太陽光パネル20万4120枚を設置し、太陽光パネルの出力は51.03MW、交流変換後の系統連系する出力は42MWとなる予定。

 設計・施工は、中部電力グループの電設企業のトーエネックが担当する。パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用する。

(日経BPクリーンテック研究所 加藤伸一)

[日経テクノロジーオンライン 2014年6月5日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報