2018年12月15日(土)

在宅勤務は仕事か…米ヤフーCEOが呼んだ論争

(1/3ページ)
2013/3/7 7:00
保存
共有
印刷
その他

forbes

(2013年2月27日 Forbes.com)

怒り。憤り。非道。嫉妬。言いがかり。非難の応酬。

米ヤフーの最高経営責任者(CEO)、マリッサ・メイヤー氏が、同社の社員に在宅勤務を禁止すると宣言して以来、こうしたあらゆる感情がない交ぜになって飛び交っている。しかし、すべての非難の矛先がメイヤー氏だけに向けられているわけではない。

全米の職場で「WAHデバイド」論争

会社を離れて別の場所で働くかどうかという議論は、根深い問題であり、我々が考えもしない形で在宅勤務ができない人々を刺激した。これを、勤務場所をめぐる巨大な溝、つまり「WAH(work at home=在宅勤務)デバイド」問題と呼ぼう。

昨日のForbes記事で私がメイヤー氏は方針を転換すべきだと指摘した。すると、記事に対して猛烈なコメントが寄せられ、驚かされた。私のツイッター(@mickimaynard)でも次々と議論が巻き起こり、ソーシャルメディアや全米の職場でも議論が繰り返された。

それらの論争を私なりに解釈すると、意見は以下の2点に集約される。

(1)在宅勤務は本当の仕事とはいえない。真の仕事は、会社でしかできない

(2)在宅勤務は生産性を向上する。正しく行えば、出社して働くより多くの成果が得られる

まず、「在宅勤務は仕事とはいえない」という論調を取り上げよう。こちらが、メイヤー氏がやろうとしていることに最も近いからだ。シリコンバレーの人々にとって、自宅やコーヒーショップ、公園で働くことは「生得権」のようなものだ。フェイスブックも、大学の寮で誕生した。創造力を発揮するために、四角いオフィスにずっとい続けなければならない、ということはないわけだ。実際、革新的な変化はオフィスで生まれるのではない。オフィス以外の場所で生まれるのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

Forbes

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報