トヨタ1000万台計画を揺るがす中国ショック  産業部次長 中山淳史

(1/3ページ)
2012/10/10 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国で日本車の売れ行きが急減速している。尖閣問題で不買運動が起きている一方で、日本車に乗っていると投石される事例が後を絶たず、身の危険を感じて買わない人が増えているのだという。

中国で欧米勢に後れを取っていた日本車メーカーにはこれからが巻き返しという矢先だった。最も気になるのは今年、世界での販売台数を1000万台に乗せると表明していたトヨタ自動車だ。最盛期の米ゼネラル・モーターズ(GM)も円安が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連記事

電子版トップ



[PR]