/

この記事は会員限定です

「iPad新聞」廃刊の真相 米メディア王の誤算と教訓

[有料会員限定]

【ニューヨーク=小川義也】米ニューズ・コーポレーションが鳴り物入りで昨年創刊したアップルのタブレット(多機能携帯端末)「iPad(アイパッド)」向け電子新聞「ザ・デイリー」の廃刊を決めた。「メディア王」の異名を持つルパート・マードック会長兼最高経営責任者(CEO)が、「デジタル時代のニュース配信や消費の新たなモデル」と期待した電子新聞は、なぜ失敗に終わったのか。

有料読者10万人超、「十分な数を集められなかった」

「大胆な実験だったが、長期に事業を続けるのに十分な数の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン