/

この記事は会員限定です

洗練の代償? 「キズ」目立ったiPhone5

[有料会員限定]
 外観デザインは洗練されたが、驚くような製造上の冒険はなくなった――。米アップルの新型スマートフォン「iPhone 5」は、世界中が注目する商品。多くのデジタル機器メーカーにデザイン面で大きな影響を与えそうだ。そんなiPhone 5の外装や中身のデザイン面での技術革新度はどうなっているのか。詳しく検証すべく、リーディング・エッジ・デザインの山中俊治氏に協力を仰いで製品を分解。日経デザイン誌とともに分析した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2350文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません