/

この記事は会員限定です

危機を遠ざける湾岸王制国家の「中流意識」

論説副委員長 脇祐三

[有料会員限定]

チュニジアの政変、そしてエジプトの政治危機が起きた最大の要因は、アラブ諸国に共通する若年層の失業問題だ。言論統制への不満も各国共通だが、サウジアラビアやカタール、アラブ首長国連邦(UAE)など、外国人労働者を社会の底辺に組み込んでいる湾岸の王制国家は社会構造が異なる。

今後の展開を考える際には、地域ごとの事情の違いも認識する必要がある。アラブ中にすぐ、政権崩壊がドミノ現象で広がるわけではなかろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン