/

北海原油、一時121ドル台に上昇 2年8カ月ぶり高値

【ニューヨーク共同】欧州の代表的な原油指標である北海ブレント原油先物相場は4日、リビアなど中東・北アフリカ産油国の混乱を受けて期近の5月渡しが一時1バレル=121ドル台に上昇し、2008年8月以来、約2年8カ月ぶりの高値になった。

4日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の米国産標準油種(WTI)5月渡しも、前週末比0.53ドル高の1バレル=108.47ドルで取引を終え、08年9月以来、2年半ぶりの高値を記録した。

リビアの産油都市で攻防が続いていることに加え、イエメンなどでも反政府デモが激化していることから、原油供給への懸念が増した。

前週発表された米雇用統計が市場予想を上回って改善したため、米経済の回復でエネルギー需要が増すとの観測も相場を支えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン