/

ブラジル3大会ぶり準決勝進出 独は4大会連続

後半、FKで追加点を決めるブラジルのダビドルイス=写真 浅原敬一郎

【フォルタレザ=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は4日、フォルタレザなどで準々決勝2試合が行われ、6度目の世界一を狙う開催国のブラジルがコロンビアとの南米対決を2-1で制し、優勝した2002年日韓大会以来3大会ぶりに準決勝に進出した。

ともに優勝経験を持つ欧州勢の顔合わせは、ドイツがフランスを1-0で下し、史上初となる4大会連続の4強入りを決めた。ブラジルとドイツは8日(日本時間9日)の準決勝で対戦する。

5日(同6日)はアルゼンチン―ベルギー、オランダ―コスタリカが実施され、ベスト4が出そろう。

決勝は13日(同14日)にリオデジャネイロで行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン