2019年7月17日(水)

iPhoneにつながる熱中症計とUVチェッカー

2014/6/5付
保存
共有
印刷
その他

日経デジタルヘルス

日本気象協会は、熱中症や乾燥の危険性を「iPhone」でリアルタイムに確認できる携帯型の熱中症計とUV(紫外線)チェッカーを発売した。希望小売価格はともに3600円(税別)。

発売した「i-熱中症計(風邪指標計付き)」と「i-UVチェッカー(うるおい・乾燥指標計付き)」は、デザインファクトリーおよびデバイスネットと共同開発したもの。気温や湿度、UV指数を計測し、独自の計算手法で指標値を算出する。

[左]i-熱中症計(風邪指標計付き)
[右]i-熱中症計(風邪指標計付き)の利用シーン

[左]i-熱中症計(風邪指標計付き)
[右]i-熱中症計(風邪指標計付き)の利用シーン

[左]i-UVチェッカー(うるおい・乾燥指標計付き)
[右]i-UVチェッカー(うるおい・乾燥指標計付き)の利用シーン

[左]i-UVチェッカー(うるおい・乾燥指標計付き)
[右]i-UVチェッカー(うるおい・乾燥指標計付き)の利用シーン

さらにiPhoneとBluetooth(ブルートゥース) 4.0で無線接続し、その場の環境が体に及ぼす危険性を表示するとともに予防のアドバイスをする。

専用の無料アプリ「ヘルス&ビューティーチェッカー」を用いて、計測したデータを指数で確認できるほか、これまでの計測値がどのように変化してきたかを確認できる。日本気象協会が提供する最新の指数情報や気象情報も取得可能だ。

(日経デジタルヘルス 大下淳一)

[日経テクノロジーオンライン 2014年6月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。