2019年7月16日(火)

東大研究所に不正アクセス、「すばる望遠鏡」データ流出か

2014/2/5付
保存
共有
印刷
その他

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(千葉県柏市)は2014年2月3日、天文観測データの解析に使っているPCサーバーが不正アクセスを受け、運用を停止したと発表した()。

図 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構のWebサイト

機構の説明によると、1月27日にアクセスログを精査したところ不正アクセスの痕跡があったため、サーバーを停止してネットワークから切り離した。1月20日頃から不正アクセスがあったという。

不正アクセスにより、サーバーのユーザー認証情報が取得された可能性がある。この認証情報を使って国立天文台など外部研究機関のサーバーへのアクセスが試行されていたことも分かった。このため、関連機関に連絡して対策を呼びかけている。

サーバーに格納していたのは主に天文観測データで、個人情報はない。データの喪失はなかったが、データが閲覧されたり流失したりした可能性はあるという。米国ハワイにある「すばる望遠鏡」の観測データや、それに関連するシミュレーションデータなどが格納されており、これらのデータが第三者の手に渡った可能性がある。

原因は調査中で、侵入元など詳しいことは分かっていない。同機構は「研究者の皆様、関係機関の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いいたします」と陳謝している。

(日経コンピュータ 清嶋直樹)

[ITpro 2014年2月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。