中国の対日非難は焦りの裏返しか  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2012/10/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

尖閣諸島をめぐる中国の対日非難が過熱している。中国側の主張で際立っているのが、これはただの領土紛争ではなく、日本の「侵略の歴史」に原因があるとする論法である。

尖閣の対立を歴史問題に絡める戦術が鮮明になったのが、中国の楊潔●(ち)外相による9月下旬の国連演説だった。「日本が1895年の甲午(日清)戦争の末期に盗んだ」。楊外相は演説でこう日本を非難した。

彼の発言にかぎらず、最近、中国は次のような…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事


電子版トップ



[PR]