/

ソフトバンクがAndroid端末5機種を発表、裸眼3D対応GALAPAGOSやDELL製タブレットなど

写真1 ソフトバンクモバイルが発表したAndroid端末

ソフトバンクモバイルは2010年11月4日、シャープ製「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」、米Dell製「DELL Streak 001DL」、中国Hauwei製「004HW」、中国ZTE製「Libero 003Z」の計5機種のAndroid搭載端末を発表した(

写真2 「GALAPAGOS 003SH」(左)と「同005SH」(右)

写真1)。「全機種でAndroid 2.2を搭載する」(ソフトバンク 代表取締役社長 孫正義氏)

写真3 「DELL Streak 001DL」

GALAPAGOS 003SH、同005SHは、いずれも裸眼で3D(3次元)視聴が可能な3.8インチ液晶を搭載するほか、ワンセグおサイフケータイ、赤外線通信、デコレメールに対応したスマートフォン写真2)。003SHと005SHの最大の違いは、005SHがスライド式の物理的なフルキーボードを備える点だ。また、カラーバリエーションが異なる。003SHには、基本3色のほか数量限定の「Limited Color」10色を用意する。003SHの発売は2010年12月上旬以降。005SHの発売は2011年2月中旬以降となる。ともに11月12日から予約の受け付けを開始する。

GALAPAGOSには「シュレック フォーエバー」などの3D映像や「バイオハザード ディジェネレーション」」などの3D対応ゲームをプリインストールする。またUstream Asiaが12月上旬以降に開始する3D動画配信サービスに対応したUstreamクライアントアプリをプリインストールする。

DELL Streak 001DL(写真3)は、5インチの画面を備えるタブレット型端末。2010年12月上旬以降に発売する。004HWは3.2インチ液晶、厚さ11.2mmの小型スマートフォン。発売は2011年3月下旬以降。Libero 003Zは液晶画面は3.5インチ、重さ110gで、ソフトバンクモバイルのAndroid端末の中では最軽量となる。2010年12月中旬以降に発売する。

さらにソフトバンクモバイルは、既に発表済みのHTC製「HTC Desire HD 001HT」を、11月12日に発売することを明らかにした。

12月上旬以降、GALAPAGOS向けに電子書籍配信サービス「ソフトバンク ブックストア」を開始することも発表した。角川書店、講談社、集英社、小学館が書籍やコミックを提供する予定。当初はGALAPAGOS 003SHを対象とする。同005SH、DELL Streak 001DLにも提供予定で、順次対応機種を拡大する。

またソフトバンクモバイルは、Androidマーケットの中から選んだアプリケーション(アプリ)を提供する「Softbankピックアップ」を11月中旬より開始する。「アプリの購入代金を電話料金と一緒に決済できるようにする」(孫氏)という。ソフトバンクループの新聞・雑誌配信サービス「ビューン」も12月上旬、ソフトバンクモバイルのAndroid端末向けに提供を開始する。

(ITpro 高橋信頼)

[ITpro 2010年11月4日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン