/

この記事は会員限定です

増加する手書き派、デジタル・アナログ使い分け

産地研調査 ビジネスシーンで「増やしたい」

[有料会員限定]

文字や絵柄などの作成でデジタル入力が一般化するなか、「手書き(手描き)」の良さや利便性を重視する人がじわじわ増えている。といっても、デジタル入力をやめたわけではない。仕事の効率化やアイデア捻出、相手に気持ちを伝えるといった目的ごとに、デジタルとアナログを上手に使い分けているのが特徴だ。

手書きの広がりを思わせるデータは多い。いくつか挙げてみよう。

●ボールペンの国内出荷本数(注)は2005年を底に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2406文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン