/

日立製作所、好きなサイズで設計できるコンテナ型データセンター

図1 フレキシブルデザインコンテナの外観イメージ

日立製作所は2012年7月4日、コンテナの大きさとコンテナ内のレイアウトを自由に設計できる屋外設置型のコンテナ型データセンター「フレキシブルデザインコンテナ」(

図2 フレキシブルデザインコンテナの内部イメージ

図1図2)を発表した。7月6日に提供開始する。

通常のコンテナ型データセンターとは異なり、パネルなどの部材を現地で組み立てる方式を採用したことで、サイズやレイアウトを自由に設計できるようにした。設置場所やサーバー台数などに応じて、データセンターを個別に設計できる。

構成要素は、電源設備(分電盤/動力盤)、空調機器、ラック、監視システム、フリーアクセスフロア、付帯工事(基礎を含む)など。価格は、ラック12台を設置可能な基本モデル(幅11.9×奥行き6.5×高さ4.1メートル)に6ラックを収容するケースで、7000万円程度から。

先行ユーザーとして、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が、約2.5カ月でデータセンターを構築し、2012年4月から稼働を開始している。局所空冷方式を採用しており、PUE値(データセンターのエネルギー効率を示す指標)は約1.25。床面積約130平方メートル(幅約20.0×奥行き約6.5メートル)、高さ約3.9メートルで、総工費は、サーバー機270台やストレージ(4ペタバイト)などシステム構成要素を含んで10億9500万円(税別)。

(ITpro 日川佳三)

[ITpro 2012年7月4日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン