/

マラリア蚊をレーザー退治、企業にできない発明のコツ

ネイサン・ミアボルド  米インテレクチュアル・ベンチャーズ CEO兼共同設立者

 技術のボーダーレス化が進む中、これまでとは異なる分野の事業者が他分野の技術を活用することで、急成長する事例が増えている。日本企業は今、「外」に活路を求め、多様な人たちと議論し、従来の殻を打ち破る必要に迫られている。新規事業や異業種連携を加速させる取り組みをはじめ、技術の波及がもたらす新ビジネスの可能性などを紹介していく、特集「リアル開発会議」。連載第6回は、元米マイクロソフトのCTO(最高技術責任者)で、発明を取り引きする資本市場の創出に挑んでいる米インテレクチュアル・ベンチャーズ CEO(最高経営責任者)のネイサン・ミアボルド氏に、「技術調達の流儀」について語ってもらう。

もし、あなたが発明家であるならば、アイデアを世の中が受け入れるまでの長い間、我慢しなければならないだろう。アイデアの内容が先鋭的であればあるほど、我慢の期間は長くなる。

例えば、私は1991年にマイクロソフトの内部レポートのメモ書きとして、現在のスマートフォン(スマホ)とほぼ同じアイデアをイラストで描いたことがある。発明と言えるほどのものではなかったが、スマホの登場を予見する内容だった。

このイラストを見た人はしばらく、「ネイサンは間違っている」と考えていたに違いない。しかし、十数年が経過し、実際にスマホが姿を現すとその評価は変化してくる。「何てことだ。ネイサンは才能にあふれた人物だ」と。

優れた発明、優れたアイデアとは、得てしてそういうものだ。発明には、高いリスクが伴う。それは、投資家の関心を引くことが難しいからだ。ほとんどの発明は実用化に至ることなく消えていく。実用化しても、コストが高過ぎたり、さらに素晴らしい発明の後じんを拝したりする可能性は高い。あるレポートによれば、発明家に利益をもたらす特許は全体のわずか1~3%に過ぎないという。

運用資産は60億米ドル以上

確かに、単体の発明はリスクが高い。しかし、広範な技術分野について数万件の水準で発明を集めれば、全体のリスクを管理できるようになる。ポートフォリオを多様化し、リスクヘッジしやすくなるからだ。

数千件の特許から成るポートフォリオのうち、たった1件でも大成功すれば、10億米ドル規模の利益を生む可能性がある。これが、私がインテレクチュアル・ベンチャーズ(IV)を創業した狙いだ。発明を取り引きする資本市場をつくり出すことにIVは取り組んでいる。

会社の形態は、外部の投資家による出資を運用するファンドである。一般的なベンチャーキャピタルは事業に投資し、事業による利益や株式売却益を投資家に還元する。これに対し、IVは技術(発明、特許)そのものを投資対象にしている。技術に資金を提供し、技術を利用したい企業などに供与する。その対価を投資家に還元するのだ。投資家のために短期的な研究開発プロジェクトと中長期的なプロジェクトを混在させた発明のポートフォリオを用意している。

運用資産は60億米ドル(約6180億円)以上で、これまでに30億米ドル(約3090億円)以上のライセンス収入を得ている。多くの発明が生まれてくるように応用研究を収益性の高い活動に変え、民間投資をこれまで以上に増やすことが目標だ。この取り組みは多くのイノベーションを生み出す原動力になるはずである。

世界的な研究者と契約

特に企業に所属する発明家は多くの場合、厳しい事業環境の中で研究開発への投資を抑制せざるを得ない。画期的な発明を生み出すには、中長期の革新的な研究開発が不可欠だ。しかし、それには大きな投資とリスクが伴う。結果的に、研究開発を断念しなければならないことも多いだろう。

IVは専門性の高い研究者やコンサルタントが発明のプロセスを効率化し、発明者と企業の両方を支援することに取り組んでいる。学術界や産業界で活躍する世界的な研究者と契約を結び、発明のコンサルティングで協力を受けている。

これまでに、医療機器やソフトウエア、家電、原子力工学など約50の技術分野の発明を支援できる体制を整えた。

オープンイノベーションの取り組みが不可欠

この活動で大切なのは、中長期視点で資金を投じることができ、十分な財力を持つ辛抱強い投資家を選ぶことだ。実際、辛抱強い投資家は存在しており、IVが立ち上げたファンドに資金を投じている。

投資する技術の入手には、まず世界中の研究者や技術者と契約し、将来技術を開発する方法がある。この場合、IVが資金を提供して研究開発を支援する。開発成果を特許化し、必要とする企業などにライセンス供与する取り組みだ。

もう一つは、既に開発されている技術を調達する方法である。特定の事業分野や技術分野で必要なポートフォリオの構築を目指す取り組みだ。企業などの顧客は、大きなパッケージとしての技術を受け取ることができる。

技術は高度化・複雑化している。今や新しい製品やサービスを提供するために必要な技術を1社ですべて賄うことは難しくなった。他社から技術提供を受け、ときには逆に提供することによって、事業に必要な技術を調達する「オープンイノベーション」の取り組みが不可欠になっている。IVの活動はそれを支援するためのものだ。

レーザー光線でマラリア蚊を駆除

さらにIVには、もう一つの特徴的な技術の調達手法がある。それは、自社の研究所で研究開発を手掛けていることだ。私自身も発明家であり、社内には100人近い研究者がさまざまなテーマの研究開発に取り組んでいる。

例えば、新しいタイプの原子力発電技術を開発している。ウランの濃縮プロセスを必要とせず、劣化ウランなどを用いて長期間の原子炉の稼働を可能にする技術だ。今後、中国などの新興国を中心に世界の電力需要は増えていくだろう。高い安全性でそれを支える技術として注目を集めている。米テラパワーというベンチャー企業を立ち上げて、実用化を目指しているところだ。

マラリアの撲滅を目指した研究テーマもある。その一つとして、マラリアを媒介する蚊をレーザー光線で撃ち落とす害虫駆除システムを開発している。

廉価で省電力のコンピューターやカメラ、レーザーを組み合わせた技術だ。数十メートルの距離から、マラリア原虫を運ぶメスの蚊だけを捕捉し、数秒間で数十匹を撃ち落とせる。蚊が入れない見えないフェンスとして病院を覆い、マラリアの感染を防止する応用が期待できる。

このほか、「スタートレック・メディシン」と呼んでいる医療機器の研究プロジェクトも興味深い。電磁波を当てると特殊な振る舞いをする「メタマテリアル」と呼ぶ先端素材を用いて、身体の特定部位をセンシングしたり、撮像したり、病気を治療したりできる機器だ。

手術をしなくてもボタンを押すだけで病気を治療できる、SFドラマの「スタートレック」に出てくるような技術の確立を目指している。私は楽天家なので、10~20年の期間で実現できるとみている。

新興国の貧困層に多くの発明ニーズ

いずれも突飛な内容の研究テーマに見えるかもしれない。恐らく、一般的な企業では積極的に投資することが難しいテーマだ。しかし、社会的には重要な研究テーマである。

多様な技術のポートフォリオを構築し、それに対して投資を募る枠組みと、我慢強い投資家の存在が長期視点での研究の取り組みを可能にしている。害虫駆除システムの研究を支援しているのは、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が立ち上げたゲイツ財団である。

これまで多くの技術開発は、先進国を中心とする裕福な人々のためのツールを作ってきた。しかし、世界的に見れば、20億人規模の人々が1日当たり1~2米ドルで生活している。歴史的に見て、こうした人々に開発者が目を向けることはなかった。IVは、新興国の貧困層向けの研究プロジェクトを「グローバル・グッド」と呼んでいる。

同じ技術であっても、世界の地域によっては先進国の生活者とは異なる課題を抱えていることがある。がんの治療のように、50年前、20年前に比べれば格段に進歩しているものの、そのスピードが決して速くない分野もある。バイオ技術によるパーソナル医療や、農業の生産性を高める技術などのニーズも高まっていくだろう。

日本は、この数十年の間に世界の技術開発を先導し、多くのイノベーションを生み出してきた。世界中の人々が、発明による日本の貢献を待っているのだ。(談)

「『リアル開発会議 2014 Spring』の記事を基に再構成」

[参考]日経BP社は新事業開発と異業種連携を推進する「リアル開発会議」を2014年4月に創設した。情報誌『リアル開発会議 2014 Spring』を発刊し、第1弾としてオープンイノベーション型の新事業開発プロジェクトを始動した。詳細は、http://techon.jp/real/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン