/

この記事は会員限定です

実感ないまま負担 投信手数料で損しないキホン

投資教育アドバイザー 大江英樹

[有料会員限定]

投資をする際には運用益や配当に対する税金と、金融機関に支払う手数料をできるだけ抑えることが大切です。リターンは必ず得られるとは限りませんが、コストは確実にかかるからです。税金は少額投資非課税制度(NISA)を活用すれば、一定の投資額と期間については負担せずに済みます。今回は無駄な手数料を払わないための基本を解説します。

ひと口に手数料といっても、運用する商品によって差があります。例えば株式の売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません