2019年3月24日(日)

清水建設、六ヶ所村に国内最大のメガソーラー

2013/9/5付
保存
共有
印刷
その他

清水建設は、青森県六ヶ所村で国内最大となるメガソーラー「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の建設に2013年8月29日に着手した。総出力は11万5000kWで、一般家庭約3万8000世帯分に相当する電力を供給できる。

六ヶ所村内の合計253ha(ヘクタール)の敷地に、約51万枚の太陽光発電パネルを設置する。パネルの設置箇所は鷹架地区(140ha)と千歳平北地区(113ha)の2カ所に分かれている。鷹架地区には三菱電機製のパネルを約30万枚、千歳平北地区には米サンパワー製のパネルを21万枚設置する。

ユーラス六ヶ所ソーラーパーク鷹架地区の完成予想図(資料:清水建設、以下同)

ユーラス六ヶ所ソーラーパーク鷹架地区の完成予想図(資料:清水建設、以下同)

ユーラス六ヶ所ソーラーパーク千歳平北地区の完成予想図

ユーラス六ヶ所ソーラーパーク千歳平北地区の完成予想図


清水建設は、風力発電や太陽光発電事業を手掛けるユーラスエナジーホールディングス(東京都)が設立したSPC(特別目的会社)のユーラス六ヶ所太陽光から設計や工事を受注した。設計を含めた工事の請負金額は約410億円だ。

工事内容はパネルの基礎工事や架台・パネルの設置のほか、両地区の発電設備と変電所を結ぶ合計16キロの地中埋設送電線の敷設、2基の変電所の設置から成る。2015年11月の発電開始を目指す。

■工事概要
発電所名=ユーラス六ヶ所ソーラーパーク
所在地=青森県上北郡六ヶ所村(鷹架地区、千歳平北地区)
発注者=ユーラス六ヶ所太陽光
設計者=清水建設(電気・造成・架台・基礎)
発電規模=系統連系容量11万5000kW(発電設備容量14万8000kW)
モジュール=シリコン系単結晶太陽電池(三菱電機製、サンパワー製)
工期=2013年8月~2015年12月

(日経コンストラクション 木村駿)

[ケンプラッツ 2013年9月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報