/

この記事は会員限定です

首相「秘密保護法案、日本版NSC機能に必要」

党首討論

[有料会員限定]

安倍晋三首相(自民党総裁)は4日の党首討論で、特定秘密保護法案について「どこかの段階で終局させる判断をしなければならない。与野党で修正がなされたことは成果だ」と、会期末が6日に迫った今国会での成立を求めた。首相は「日本版NSC(国家安全保障会議)をつくった以上、秘密を保全しなければ機能しない」とも語り、4日に発足した日本版NSCを有効に動かし、同盟国などと情報を共有するためにも欠かせない法案だと強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン