/

フェラーリやランボルギーニ…13台が事故 中国道

(更新)

4日午前10時15分ごろ、山口県下関市小月町の中国自動車道上り線で、多数の高級スポーツカーなどが絡む事故があり、打撲などで男女10人が病院に運ばれた。

多重事故で大破したフェラーリ(4日、山口県下関市小月町の中国自動車道上り線で)=共同

山口県警高速隊によると、軽傷のほか治療を受けずに帰宅した人もいるという。

事故に巻き込まれたのはフェラーリ8台、ランボルギーニ1台、ベンツ2台、国産車2台の計13台。愛好家らが九州から広島方面にドライブ中だったとみられる。

最初に事故を起こした福岡県筑紫野市に住む男性(60)のフェラーリがスピードを出し過ぎた可能性もあるとみて、高速隊が原因を調べる。

13台とは別に対向車線を走っていたベンツ1台が飛んできた部品に当たったと届けた。ほかに同様の被害を受けた車両が複数あるとみられる。

高速隊によると、フェラーリが緩い上り坂の左カーブでスリップし、中央分離帯にぶつかって停止。後続車が接触したり追突したりし、現場には約400メートルにわたって部品などが散乱した。当時、路面は前日の雨でぬれていた。

現場は小月インターチェンジ(IC)から約1キロ下関ジャンクション(JCT)寄り。小月IC―下関JCT間の上り線が約6時間にわたり通行止めになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン