/

この記事は会員限定です

レンタルビデオ、生き残りの一手

ツタヤとゲオで異なる戦略

[有料会員限定]
 相次ぐ参入や新サービスの登場で盛り上がる動画配信市場の陰で、年々縮小するレンタルビデオ。スマートフォン(スマホ)の普及がこの傾向に拍車をかけている。果たして、生き残り策はあるのか。レンタルビデオチェーン大手の「TSUTAYA(ツタヤ)」と「GEO(ゲオ)」は、異なる店舗戦略を志向し始めた。

有料動画配信(VOD=ビデオ・オン・デマンド)サービスの市場が拡大している。野村総合研究所の予測では、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4153文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません