/

この記事は会員限定です

「官僚たちの夏」再び 空洞化をめぐる経産省の苦悩

編集委員 西條都夫

[有料会員限定]

城山三郎の小説「官僚たちの夏」は霞が関を描いた傑作として名高いが、その中に貿易自由化をめぐる通商産業省内部の路線対立が出てくる。池田勇人氏をモデルにした通産大臣の在任中の出来事なので、1959年(昭和34年)ごろの話だろう。貿易自由化の進め方をめぐって、2人の官僚が激突する。

関連記事
6月5日 日経新聞夕刊3面 「ものづくり白書 海外利益、日本に戻らず」
8月20日 日経ビジネス特集 「モノ作りは死なず 町工場の逆襲が始まった」
9月2日 日経新聞朝刊20面 「空洞化のウソ、日本企業とアジアへの熱い思い」
9月3日 日経産業新聞14面 「自動車国内生産 7月は16.7%増、補助金効果大きく」

小説の主人公である風越重工業局長は「国内産業はまだ体力の弱い病人のようなもので、冷たい外気にさらすと、ますます病気になる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン