2019年7月19日(金)

米マイクロソフト、「Office Store」に定額制を導入

2013/10/4付
保存
共有
印刷
その他

米マイクロソフトは現地時間2013年10月1日、同社のオフィススイートと連携するアプリケーションを配信/販売するサービス「Office Store」において、サブスクリプション(定額)制を導入すると発表した。また、Office Storeのダウンロード件数が100万件を突破したことも明らかにした。

アプリケーション開発者は、毎月一定額を請求する形でアプリケーションを配信できる。無料、トライアル、有料、サブスクリプションとさまざまな方式でアプリケーションを提供することで、より幅広いユーザーにリーチできるとしている。

サブスクリプション向けアプリケーションのアップデートおよび登録は10月に開始する。ユーザーがサブスクリプション方式でアプリケーションを購入できるのは11月以降になる。

また同社は、Office Storeをロシア、中国、台湾、香港、オランダ、ベルギー、イタリア、ブラジルにも公開する計画を明らかにした。新たな国および地域でのアプリケーションのアップデートおよび登録は12月に開始する。サポート言語を中国語、オランダ語、イタリア語、ブラジル系ポルトガル語にも広げ、地元ユーザーが現地の言語で利用可能になるのは来春になる見込み。

[ITpro 2013年10月3日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。