/

入試問題「1人で携帯使い投稿」 19歳予備校生を逮捕

偽計業務妨害の疑い

(更新)

京都大の入試問題をインターネットの質問サイトに投稿し、大学の業務を妨害した疑いが強まったとして、京都府警は3日、仙台市の男子予備校生(19)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。府警によると「合格したかった。自分1人で携帯電話を使って投稿した。すごく反省している」と供述。府警は同日夜、身柄を京都に移し、詳しい投稿方法やほかに関与した人物の有無を調べる。

京都大などの入試問題を投稿した疑いで予備校生が逮捕された(テレビ東京)

京都大などの入試問題を投稿した疑いで予備校生が逮捕された(テレビ東京)

同じハンドルネームで同志社、早稲田、立教の3大学の入試問題も投稿されており、同志社は府警、早大、立大は警視庁が、今後捜査を進める。予備校生は3大学の一部に合格していた。

逮捕容疑は、2月26日の京大の入試中、不正を禁止する注意を受けながら、会場で携帯電話を使って質問サイトに英語の問題を投稿。閲覧者から解答例を得るなどして入試の公正さを害し、大学の業務を妨害した疑い。

予備校生は2日から所在が分からなくなり、家族が捜索願を提出。宮城県警が3日午前11時45分ごろ、仙台市のJR仙台駅付近にいるのを発見した。持っていた携帯電話1台を府警が押収した。

府警は逮捕に踏み切った理由について、所在不明になるなど逃走の恐れがあり、社会的反響が大きかったことを挙げている。

事件は2月26日、京大への匿名の指摘で発覚。京大では同25日の数学、同26日の英語で問題が投稿された。その後、同8日の同志社大、同11日の立教大、同12日の早稲田大でも、それぞれ英語の問題の投稿が判明した。

いずれも試験時間内に「aicezuki」のハンドルネームで、インターネット検索大手「ヤフー」内の質問サイト「ヤフー知恵袋」に「次の文を英訳してください」などと投稿。予備校生の答案の一部は寄せられた解答例に酷似していた。

予備校生は山形県立高校を卒業し、大手予備校の仙台校に通っていた。府警は質問サイトに残ったネット上の住所「IPアドレス」などを解析、投稿に使われた携帯電話が予備校生の母親名義だったことから、予備校生を特定した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン