/

北海道の暴風雪、死者8人に 車立ち往生や凍死

発達した低気圧の影響で2日午後、暴風雪となった北海道の中標津町や湧別町で、車が相次いで立ち往生するなどし、3日朝までに8人の死亡が確認され、1人が手当てを受けた。道警は密閉状態の車内で一酸化炭素(CO)中毒死したり、車外に出て凍死したりしたとみて調べている。

暴風雪で立ち往生し、雪に埋もれた車両(3日午後、北海道中標津町)=共同

道警によると、中標津町の道道では2日午後、近くの宮下加津世さん(40)と長女の高校2年未彩さん(17)、次女の中学2年紗世さん(14)、長男の小学5年大輝君(11)の乗った車が雪で身動きが取れなくなった。

近くの人の119番で警察官や消防隊員らが駆け付けたが、4人は心肺停止状態で、2日夜に病院で死亡が確認された。

雪が窓やマフラーをふさぎ、排ガスが車内に充満してCO中毒死したとみられる。周辺は2~4メートルの雪が積もっていた。

一方、湧別町では2日午後、漁師岡田幹男さん(53)と長女の小学3年夏音さん(9)が、車で出掛け行方不明となった。自宅から約500メートルの路上で車が見つかり、3日朝、さらに300メートル離れた牧場で、2人が見つかった。岡田さんは凍死し、夏音さんも手当てを受けた。岡田さんは夏音さんをかばうように覆いかぶさって倒れていた。

このほか3日朝には、中標津町の牧草地で近くのアルバイト従業員北川陽菜さん(23)が、網走市の道路脇で酪農ヘルパー今井教さん(54)が、富良野市の畑で会社社長佐々木亨さん(76)が、それぞれ倒れているのが見つかり、死亡が確認された。北川さんと佐々木さんは、雪に埋もれた車から降りて遭難したとみられる。

JR北海道によると、3日午後1時55分現在、特急など337本が運休。新千歳空港事務所によると、同午後2時40分現在、11便が欠航した。道によると、同午後1時現在で315人が自治体の施設に避難したり、自動車内で待機したりした。

北海道は発達した低気圧が通過し、2日午後、道東、道北を中心にほぼ全域で大荒れとなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン