長崎で「50年に一度」の猛烈な雨 梅雨前線が活発化

2014/7/3付
保存
共有
印刷
その他

気象庁は3日、梅雨前線の活動が活発となった影響により、長崎市の長浦岳で1時間に96.0ミリの猛烈な雨が降るなど、九州北部を中心に各地で大雨となった。3時間の雨量は長浦岳で205.0ミリ、同県西海市で155.5ミリを記録し、いずれも50年に一度とされる値を超えた。

大雨の影響で冠水した道路を走る車(3日、長崎市)=共同

大雨の影響で冠水した道路を走る車(3日、長崎市)=共同

長崎市では各所で床下浸水や道路の冠水、崖崩れが発生。気象庁は福岡、佐賀、長崎各県の一部に土砂災害警戒情報を発表した。

西日本は4日も大雨となり、局地的に激しい雨が降る恐れがあるとし、河川の氾濫や土砂災害などに警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要とした。

気象庁によると、各地の1時間雨量は、長崎県諫早市でも82.5ミリの猛烈な雨を観測。西海市は78.5ミリ、佐賀県嬉野市は56.5ミリ、福岡県大牟田市は73.0ミリなど。

黄海にある梅雨前線上の低気圧が北東に進み、前線も九州北部をゆっくりと移動。そこへ暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、大気が非常に不安定になった。

九州は3日夕にかけ、四国は3日昼すぎから夜にかけ、近畿では3日夕から4日明け方にかけ、局地的に1時間に50~70ミリの非常に激しい雨が降る見込み。

4日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で四国と近畿が200ミリ、九州が180ミリ、中国地方が100ミリ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]