/

機器開発に盲点、家庭用ファクス焼損の原因は猫

ペットのネコがエレクトロニクス機器の焼損原因となっていたことが分かった。ブラザー工業は、ネコの尿が同社ファクス製品に繰り返しかかることに起因する焼損事故が少なくとも4件発生していたことを明らかにした。2013年3月29日に「猫と一緒にお住いのお客様へ 家庭用ファクスにおける無償点検のお知らせ」と題する報道資料を公表している。

事故原因は、ファクス受信時に用紙が送出される部分(図1の赤枠部分)にネコが乗って繰り返し排尿、機器内部のプリント基板のコネクター部に達した尿がたまり、その結果生じた異常電流でコネクター部が発熱したことだ。コネクター部には、印字用サーマルヘッドの駆動電流を供給する金属配線(図2の赤丸部分)があり、金属配線の周囲に尿の成分が蓄積、絶縁していた配線間で電流が流れるようになった。異常な発熱で配線周囲が炭化し、いっそう大きな電流が流れるようになって、焼損に至ったとみられる。

図1 無償点検の対象製品の一つ。赤枠部分からネコの尿が侵入した
図2 焼損したものと同型のプリント配線基板。赤丸内が発熱した金属配線

ネコを原因と特定したのは、4件の事故製品すべてで焼損部にネコの尿成分の存在を確認したこと、飼いネコが機器に乗っているところを製品の所有者が目撃していた例があったことによる。イヌや他の動物での同様の事故、他社での同様の事例について、同社は確認していない。

ネコがわざわざファクスの上で排尿する理由については、獣医など専門家にヒアリングしたものの「(ネコが好む)温かさが原因かもしれない」という推測以上のことはわからなかった。

同社では、原因究明を受けて、事故があったのと同型の約60万台と、事故は発生していないが同様の形状・構造のために事故の恐れのある約90万台を回収し無償点検することにした。現在発売中の製品については、コネクター部の金属配線表面に樹脂コーティングを施して、尿など液体がかかっても電流が流れないように改良している。

(Tech-On! 三宅常之)

[Tech-On! 2013年4月2日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン